新着情報

EPA/FTA分科会活動報告

2017-11-20

EPA/FTA分科会の最近の活動報告をいたします。

当分科会は以下のような方針で活動しています。

■中小企業の国際化推進支援の為に、駐日公館、商工会議所との関係構築を図る。
■情報交換、連携支援、案件コンサルの促進を図る。(個別コンサルはWBAに繋ぐ)
■貿易、海外直接投資、インバウンドの基盤となるEPA/FTA交渉、内容を研究する。

現在の分科会会員と役割分担は以下の通りです。

①渉外チーム: 向井、野口
②案件チーム: 河合、野村
③理論チーム: 大堀、藤田

駐日公館、商工会議所との関係構築を図るため、大使館、商工会議所との会議の実績と予定を紹介いたします。

実績
9月21日 英国商工会議所、ロリ・ヘンダソン専務理事
10月16日 スイス大使館、クラウディオ・マツケリ参事官
予定
12月8日 ドイツ商工会議所訪問
12月8日 スペイン商工会議所訪問
12月21日 欧州商工会議所(EBC)、ダニー・リスバーク会長のWBSでの講演
テーマ:「日欧EPA大枠合意の裏舞台、-EBCの役割と中小企業への期待-」

下の写真は、10月16日スイス大使館、クラウディオ・マツケリ参事官と記念撮影したもの。

(報告:向井実会員)