/* Code for Google Analytics Inserted on 27 June, 2021 */ /* End of Insertion */
新着情報

5月21日 WBS Web(Zoom)研究会開催のご案内

2020-05-12

ワールドビジネス研究会入会ご希望の皆様
ワールドビジネス研究会初回見学(無料)ご希望の皆様

皆様、こんにちは。代表幹事の永吉和雄です。

ワールドビジネス研究会では下記のとおり研究会をWeb(Zoom)開催いたします。

新型コロナウィルス感染症で世界中が大きな影響を受けている時期、国際化支援を目指す診断士として、「今すべきこと」、「アフターコロナを見据えて準備すべきこと」を考えたいと思い、テーマを検討し、講師の方と連絡を取ってまいりました。その結果、現在フィリピンにお住まいの渡辺慎平氏に「アフターコロナを見据えて考える:社会課題と経済の両立」をテーマにお話しいただけることとなりました。必ず貴重な気づきを得ていただけると思います。

是非一度、研究会の様子を見にてください。お待ちしています。

             記

日 時:5月21日(木) 19時~20時30分頃(終了後 Webでの懇親会)

テーマ:「アフターコロナを見据えて考える:社会課題と経済の両立」

講 師:渡辺 慎平 氏

大学卒業後、株式会社ブレインワークスに勤務、中小企業のアジア進出を支援する事業部の責任者を務た。その間、青年海外協力隊員としてウガンダにて活動した経験を持つ。

現在、コスタリカの国連平和大学とフィリピンのアテネオデマニラの2つの大学院にて実施されるAsian Peacebuilders Scholarshipプログラムの奨学生として、フィリピンで研究活動に従事されている。専攻テーマは Responsible Management and Sustainable Economic Development(責任ある経営と持続可能な経済発展)。

「アフターコロナを見据えて考える:社会課題と経済の両立」 渡辺 慎平 氏

(1)海外から見た before/after COVID-19

アフターコロナの世界がどうなっていくのか、すべての企業、我々コンサルタントが高い関心をもっている共通のテーマだと思います。渡辺氏は、海外で「今」を経験されていますので、

日本にいるわたくしたちとは異なる視点で世界の変化を見ておられると思います。視野を拡げ、多くの視点で考えるきっかけになると思います。

(2)経済価値と社会課題の解決の見方・考え方

日本でも、SDGsへの関心が高まりつつあります。また、今回の新型コロナウィルス感染症拡大で、社会課題への取り組み意識が格段に高まったのではないでしょうか?その一方で、従来の延長での経済価値を偏重する考えも見え隠れしているように思います。経済価値と社会課題への対応は、二者択一的に考えるのではなく、変化を織り込み、時代に合ったバランスを持って、一緒に追求していくものではないかと思います。多くの人が迷っている中で、渡辺氏の話は、しっかりとしたスタンスを築くヒントになるのではないかと期待しています。