ワールドビジネス研究会
会員コラム
分科会
  • 17-11-20 EPA_FTA分科会 
    EPA/FTA分科会活動報告
    EPA/FTA分科会の最近の活動報告をいたします。
  • 17-11-17 eco分科会 
    eco分科会を立ち上げました
    eco分科会では、環境問題に関する体系的な知識をもった中小企業診断士になるための活動を行います。環境問題に対する知識の学習と、国内・国外の環境に関する情報を収集・分析を行います。
  • 17-11-02 中小企業海外展開支援講座(仮称)F/S分科会 
    中小企業海外展開支援講座(仮称)F/S分科会を立ち上げました
    「中小企業の海外展開支援業務の知識体系」をベースにした1年程度の連続講座(いわゆるマスターコース、プロコン塾のジャンル)を開設することについてのF/Sを行う分科会を立ち上げました。
資料アーカイブ
  • 2018年5月 定例会資料

    2018年5月の定例会にて、株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ代表取締役社長杉浦順氏が講演された「国際業務における診断士のビジネスチャンスについて」に関する資料を、『資料アーカイブ』ページにアップしました。
    詳細はこちらの資料を参照してください。

     

    2018年5月 定例会資料

  • 2018年4月定例会資料

    2018年4月19日のWBS定例会で、ビンテージアジア経営者クラブ株式会社の代表取締役社長、安田哲氏が講演された「なぜ今、日系中小企業が海外進出を試みているのか? ~シンガポールから見た日系企業の可能性と課題~ 」の主要内容です。

    4年前にシンガポールに移住し、日系中小企業の海外販路拡大と進出支援を500件以上実施された安田社長の貴重な体験をお伺いしましたが、やはり失敗例の方が圧倒的に多い模様です。そして、成功例は千差万別ながら、失敗例は「再現性が高い」そうです。言い換えれば、「失敗すべくして、失敗している」訳であり、成功するには、「失敗例から学びなさい」ということです。

    今回提供戴いた資料は「失敗例」であり、項目のみですが35件あります。大別すると、①自社で進出して失敗した場合(20件)、②他社に任せて失敗した場合(15件)に分類されています。安田社長の4年間に亘る支援経験が凝縮された、貴重な資料です。ぜひ、参考とされ、御活用戴きたいと存じます。

    詳細はこちらの資料を参照してください。

     

    2018年4月 定例会資料

  • 2018年1月 定例会資料

    2018年1月定例会にて、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科長・教授 浦田 秀次郎氏が講演された「保護主義の台頭と日本のアジア太平洋通商戦略」に関する資料を、資料アーカイブページにアップしました。
    詳細はこちらの資料を参照してください。

     

    2018年1月 定例会資料